パワーストーンイメージ

ジンカイトという半人工石のパワーストーン

パワーストーンの中には人工石というものがあります。
人工石は地球の活動によって生まれたのではなく、人工的に生成された石のことを指します。
とはいっても、ほとんどの人工石の材料はもともと地球で生まれています。
例えばガラスが人工石の材料として使われる場合、必要な天然の資源は珪砂です。
逆に言えば、日常生活に必要不可欠であるガラスは鉱山で珪砂を採掘しなければ生成できません。
ガラスはブルーオブシディアンを生成する際の主成分としても有名です。
人工的に造られた石にはパワーがないのでしょうか。
私はあるパワーストーンを手にするまで、パワーがあるとは思っていませんでした。
なぜなら、完全なる自然の力によって生まれたわけではないからです。
しかしながらその見た目の美しさに惹かれ、購入した人工石がありました。
それがジンカイトという煌きが非常に美しい石です。
ジンカイトは半人工の石で、亜鉛工場の煙突やダクトの中で見つかる副産物です。
つまり意図的というよりは、偶然に生まれて発見された鉱物なのです。
その煌きや鮮やかな色合いをサイトで見かけ、気になっていたのですがなかなか出会いがありませんでした。
それがある日、よく利用しているパワーストーンのお店にたまたま入荷しており、一目で気に入ってしまいました。
不思議なことに、一瞬で惹かれるパワーストーンには今まさしく自分に欠けているものを含んでいるのです。
小さな欠片を手にのせると、じわじわとバイブレーションを感じ驚きました。
石からバイブレーションを感じたのはこれが初めてだったのです。
人工石でもパワーが宿っているのだと実感した瞬間でした。
ジンカイトには、恐怖やトラウマを克服するという意味があります。
私はちょうどその時、新しい事に挑戦しようと思っていました。
しかしそれを躊躇わせたのが交通手段です。
私は過去に電車の中に閉じ込められたトラウマから、電車が駅間で緊急停車すると、恐怖を感じ冷や汗や動悸などの症状が出てしまうのです。
それが辛く家にこもりがちになった時もありました。
しかしながら、ジンカイトの生命力を感じさせる力強い波動が私の背中を押してくれました。
それから何度か緊急停車する事がありましたが、常にこの石を持ち歩きお守り代わりにしていたこともあり、今では以前ほどの症状は出なくなりました。
そして自分を縛り付けていたのは自分自身だったという事に気づかせてくれました。
今ではもっと色々なことに挑戦しなくてはと思っています。

Copyright(C) 2010 stone.com All Rights Reserved.